放射線被災者の健康管理、自己防衛のための健康情報:チルドレンファースト・循環型社会・命最優先!【無断複写禁止】」 著作権料請求します。自己責任でコメント自由・実名か個人特定できる住所必須
by mak_55
↓ 放射線と藍藻マップ↓

===========
(C) 2010~2014 mak55 All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・図・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
最新の記事
XML | ATOM

skin by excite

一見、正義に見える「復興」や「脱原発」を振りかざして大衆をゴマカシ、自らの利益に結び付ける輩。見極めは≪命最優先かどうか≫

ご存じ、武田先生!

http://takedanet.com/archives/1024266040.html

敵の二枚舌に巻き取られることなく、正義は水面下で闘わなければならない。

**************************
敵は国内の主流派。


国士たちはみんないなくなってしまた。
https://www.youtube.com/watch?v=2IjsiZnQ8Jg

もっとも大事なことを言わない政治屋、マスゴミ、知識人・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=cBFE2dWTVQg





■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-21 01:50 | Trackback | Comments(13)

ヤハリ「ホットパーティクル」だった! 直径2μmの微粒子が172 kmもの距離を移動(2011年3月14~15日につくば市採取)

ヤハリ「ホットパーティクル」だった!


直径2μmの微粒子が172 kmもの距離を移動(2011年3月14~15日につくば市採取)
高輝度X線ビーム分析放射性セシウムに加えウランも検出!
学術論文
http://s.webry.info/sp/behind-the-days.at.webry.info/201411/article_2.html


何個吸った?!
************************
せめて、吸い続けることは避けたい。
「セシウムボール」と名付けた当初の計らいや思惑が
「凶」、「徒」となってしまった。

************************
以下、抜粋引用
『直径2ミクロンほどの微粒子が172 kmもの距離を移動することは、自然現象として十分に想定されうるものだろう
2011年3月14~15日につくば市で採取された微粒子の成分を高輝度X線ビームで分析してみたら、
放射性セシウムに加えてウランも検出されたという学術論文(有料)が出版された。

さらに、ウラン燃料やその核分裂生成物が含まれていることを暗示する測定結果も得られたとのこと。
また、それらの放射性物質はガラスの中に取り込まれた形で存在するので、水に溶出するものとは異なり、
環境中に長く留まることになるだろうと予想している。

福島原発事故から、この重要な学術論文の出版が決定されるまでに要した期間は3年と2か月
追加の装置が必要だったとしても、Spring-8が稼働していて国が主導したのであれば、
この期間はもっと短縮できたはずだ。すなわち、国が主導しなかったということが結論される。

もちろん、この微粒子に”東京電力”と刻印されているわけでもなさそうなので、
この”出所不明の放出物”を誰が責任を持って具体的に処理するかは決まっていないし、
今後も決まることはないだろう
すべてが”想定”の範囲内で進められていると思われる。』



********************

アルファ線核種は体内に蓄積させてはならない。
破壊力と人の寿命を超えた影響をいまさら言わなくても
読者の方ならお分かりのはず。

残念ですが「ホットパーティクル=地獄玉」が吸引されたことは、当初からの事実です。
「被曝者」として自覚を持ち、「今後」の備えなければなりません。

「1ミリの避難権利」などは当然のことですが
この、国家犯罪の核心は「寿命を切り取って、知らんぷりをする」ことですので、
【内部被ばく者として医療保障】を
『原爆被ばく者援護法』に準拠して法制化することが、肝要ですが、

御用の筋のミスリードは続いています。



■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-19 23:58 | Trackback | Comments(3)

湯気が充満!空中ダダ漏れか?!福島第一1号機 格納容器内部映像を公開:「水温を伝えない大バカ者」


*****************

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150413-00000053-nnn-soci

水温を報告させろ!



■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-16 22:14 | Trackback | Comments(6)

明日13日東電福一視察! そして、また南相馬の同じモニタリングポストで線量値異常上昇

↑55μSvを計測したサービスエリア内のポストは
宙に二浮いていた。
**************
先日お伝えした
原町区の四つ葉公園で作業中の県職員達。

それがまた、







■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-12 21:23 | Trackback | Comments(4)

歴史的犯罪?!311の4日前の文科省と原発3社の恐るべき談合!!東日本大震災津波被害者2万人の原因?!


東京地検に提出された上申書「原発と大津波」(12月9日、福島原発告訴団)

http://2011shinsai.info/node/5772

原発と大津波 資料と補足

http://soeda221.wix.com/tsunami#!books/cnec


第3章 不作為-東電動かず 

東電と保安院が東北地方太平洋沖地震の4日前に開いた打ち合わせの資料

最重要資料
https://onedrive.live.com/view.aspx?resid=9B320252A330325C!133&ithint=file,pdf&app=WordPdf&authkey=!AGEufT5r-9vWYHw
6ページから

************


おいおい!ぴたりと一致するじゃないか!!

地図上、赤い国道6号線まで、
津波が到達した。
各所に標高4メートルを表す数値。

女場=オナバという地名はいわき市の小名浜、宮城の女川に共通し、
「弱いところ=津波被害」と考えられている。」

************
原発3社と文科省は予めわかっていて
住民に知らせることを後回しにした。














■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-11 23:18 | Trackback | Comments(1)

止まらない南相馬の空間線量異常値

南相馬市

飯舘村

葛尾村
_____________________________________
規制委員会の回答に寄れば、「計測器のクシャミ」
つまり、
『シンチレーションで増幅しているわけだが、時折、数値が跳ね上がる現象はこの手の特徴でもある。』と。

それにしても・・・多すぎる。

かつて、電磁波の影響とみられる、何度計測しても高線量の場所を見つけたことはあった。
また、自分の所持している計測器もこの手のタイプで、いわゆる
「クシャミ」は時折経験する。


もし、この現象が機械の特徴だとすると
こう頻発するおであれば、計測計として使えないのではないか?

電磁波か?機械の特徴か?
何らかの数値を実際拾っているのか?
***
市役所所管のゲルマの測定器で
個人宅降下物をはかってくれない現在だが、
部長に談判する。
+++
さて、月曜日に事故原発=福一の視察をするので、
厳密で詳細な「放出物と放出量」を東電に
詰問する。









■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-11 16:47 | Trackback | Comments(0)

「降下物調査量」と1万倍~乖離した「量」?「量が少なく、健康に全く問題はない。」という南相馬市放射線健康対策委員会委員長


いみじくも、特措法で「年1ミリシーベルト」が基準であるという名誉教授

単位は、mBq/m3
数値は、0、~ ということで、
Bqの1万分の1以下。

___________________________

一方、県の行っている大気浮遊じんモニタリング調査。
南相馬市馬場地区では下の写真のような
南の大きな建物の軒下で
周囲を囲って除染の終わった公会堂で
ダストサンプリングしている。




******

こちらは国の降下物調査。
花粉が集まって凝集して肉眼でもわかるほど

その数値が↓
表のとおり季節風や乾燥、そしての農地除染の影響か?
(1平方キロ=1,000m×1,000m=1,000,000m2
MBq=1,000,000Bqなので、
この表では1MBq=1km2を
1Bq=1m2と読み替える。)

馬場地区では、12月~
1カ月平米あたり140~350Bq。

=1日当たり約0,5~1Bq/m2。


仮に、100坪≒300平米(田舎なので本来、これより大きく敷地も広い)の宅地に
月平均30Bq/m2⇒300平米なら9千Bq
1年で家屋敷に
10万Bq~降り注ぐ計算になる。
これでも昨年より、けた違いに少なくはなった。

降下量が1日1Bq、ということは漂っていいる量は・???

こういう環境に国民が住んでいるのに・・・。



++++++++++++++++++++++++++++


★2014年5月南相馬市「空中浮遊物質」は存在している。
周辺の空気をひっぱり、線量計ではかる。


空中浮遊を 自分で認識する。
使用している機種
https://www.youtube.com/watch?v=Z3eln-JuBO4

________________

雨の降った日しかはからない、福島市の福島原子力センターに
降り注ぐセシウムは上記表の1~10万倍あるのに?
*******************************
この矛盾を証明しなければならない。



気をつけなければならないのは、「測定する責任」と、
それを「判断する責任」が分かれていて、
よくある、「責任縦割り」の役所の「不作為?の作為」に陥ることを監視しなければならない!

私は空中浮遊ダストサンプラーを 3年使用してきた
が、
結論として「信じられない」。

「大気浮遊じんモニタリング」は、あまりに「降下物調査と乖離」している!
このことは、生活安全課には伝えてある。

***************************


2012年武田先生による「放射性空中浮遊物質の危険性」
「新潟県は県民を守るため県民に情報を提供している。・・」



■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-09 22:42 | Trackback | Comments(1)

「南相馬市の異常空間線量上昇」中間報告:続々、上昇・・・・連鎖?


前記事
[南相馬市で異常な空間線量が続く!
事故原発からのダストか?
地上からの舞い上がりか?
それとも降雨による浮遊物質降下か?]

北町西公園では、急行し到着した午前8時頃に「0,4μSv」の表示を見ました。
滞在40分くらいのうちに 0,3→0,2,→0,1と通常の値に戻っていきました。
西側5mのところに除染していない水路があり、空間線量は0,4μSv程度ありましたが、
物理的に風が放射線を曲げてポストに運ぶことはないので付近の線量の直接の影響はないのではないでしょうか。
また、
前日来、小雨が降っていますので、「舞い上がりによる空間線量の上昇」はあり得ません。
降雨によるものだったらポスト周りに降下して、線量はあまり下がらないはずですし、
周辺を調査しても線量が異常に高いところはありませんでした。

機械の異常か、新たなプルームの飛来でしょうか?


***********************************
 そうこうしているうちに、今度は
南相馬市鹿島区で、驚愕の《 55μSv》!
赤い折れ線が原発より23キロの馬場地区
青い折れ線が約26キロ北町
新たな黒い線が約36キロのサービスエリア。

市街地の西側、常磐道周辺を北上しているようにも・・・。

いったい何が起こっているのか?
飯舘村でも急上昇

葛尾村でも


そして4月5日に山形、秋田、青森でも。
こんなに広範囲で
空間線量上昇を示す
モニタリングポストの値が連動している。
http://ma-04x.net/all.html

なんと、北海道も日本海側から線量が上がっていた!

これは最早、一部のモニタリングポストの異常ではない!
一応、南相馬市の危機管理課に問い合わせてみる。
いや、既にダイレクトに
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/
に質問し、回答待ちの常態です。


南相馬だけ
なぜ、これだけ続くのか?
新たに2件上昇!


















■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-06 11:19 | Trackback | Comments(3)

異常な空間線量を示すモニタリングポストに急行してみます!


■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-06 07:50 | Trackback | Comments(0)

南相馬市で異常な空間線量が続く!事故原発からのダストか?地上からの舞い上がりか?それとも降雨による浮遊物質降下か?


南相馬市2カ所で土、日の夜と未明に急上昇。
これは、最早、モニタリング機器単独の異常ではないようだ。
風向きを考える必要がある。

同心円、外側の)薄い色のついた⒛~30キロ圏内の
馬場バス回転場と北町公園
目安は橙色実線=常磐道 の左と右側になる。

4月5日19時は山からの吹き下ろし(原発から吹き回ったか?)
なるほど、16時は原発から阿武隈山地に当たって北上している。
風速は「水色の」毎秒~3mなので
馬場地区は福一原発より約23キロ。
3mならば×60秒×60分=18キロ/毎時。
1mならば=/毎時。

原発から不規則に放射線核種が吹き出すか
一定に規則的に定量的に出ているかわからないが、

十分可能性はある。
6日、3時、北町で東西風がぶつかる。

赤い点が馬場・バス回転場
青の点が北町公園










■  [PR]
# by mak_55 | 2015-04-06 06:06 | Trackback | Comments(0)