禁原発・反地球温暖化説・反市場原理・反官僚支配:チルドレンファースト・循環型社会・命最優先!【無断複写禁止】」 著作権料請求します。自己責任でコメント自由・実名か個人特定できる住所必須
by mak_55
↓ 放射線と藍藻マップ↓

===========
(C) 2010~2014 mak55 All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・図・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
最新の記事
XML | ATOM

skin by excite

世界一の授業「放射性物質はいかに飛散し人体に入り込むのか(2)私設原子力情報室 」コメントも重要!

http://nucleus.asablo.jp/blog/2014/08/10/7410771
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-10-01 14:55 | Trackback | Comments(3)

議会作業着の帽子についたホットパーティクル放射線像

季節ものの議会作業着ですので、
冬季11月から4月いっぱい(クールビズに合わせて)
服の方は期間中何度か自宅で洗濯し

帽子は季節ごとのドライクリーニングで自宅での洗濯はしていません。
少なくとの2度のクリーニングは出しています。
 視察地現地ではヘルメット着用なので 発災当初のモノが落ちていないのだと思われます。


帽子はアクリル製で糸には天然放射性物質も入っておらず
帽子の形は浮き出てきませんが、よく見ると市章刺繍、2重のステッチなどに
入り込んでいることが分かります。

写真家:加賀谷雅道、森敏東大名誉教授撮像

※汚染地で暮す被災者の衣服は、多い少ないの差こそあれ
このような状態です。

20キロ圏内にしか支払われない財物賠償は間違っています。

南相馬市にも衣服汚染の実態は伝えています。
市立総合病院で この作業着の上下をベクレルで計ってもらっています。
当然100ベクレルなど超えていましたので
「放射性汚染物」として本来この中に入れるべきものです。

六ケ所村の日本原燃での視察

*********************
これら、私が使用したものも複数含め

「放射線像展part2」を南相馬市ゆめはっと(市役所の前)で
10月11日から13日まで開きます。



■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-30 16:40 | Trackback | Comments(9)

浪江より多い南相馬の放射性降下物:吸引被曝に注意してください!


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-30 00:39 | Trackback | Comments(3)

南相馬市 命の党 大山こういち 「命の街宣活動①子供達にマスクを!」

まずは、私達の居住地に空間浮遊の放射性物質が舞飛んでいるかを
確認しなければなりません。

耕作地が乾燥すると
http://www.youtube.com/watch?v=wqCM5toMv6c&list=UUhgidb25p5Gfk_fSfbJ0LKw

南相馬市貸与の線量計の数値が絶えず動きが止まらず一定しないことは
市民の皆さん経験済みです。

http://www.youtube.com/watch?v=NhqT8rmo1O4&list=UUhgidb25p5Gfk_fSfbJ0LKw&index=34


除染作業で現地最高責任者に訊いてみましたら、風によって線量が揺らぐことは知っていました。
その上で「原因は物質も一緒に飛んできているかもしれない。」との個人見解でした。

放射性物質の公的データ
http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec_file/monitoring/etc/kennai-taiki26nendo.pdf
ご覧のとおり空気中(地上1m)で、セシウムの浮遊はあります。

[南相馬市内一斉農地除染開始!
子供たちは殆どマスクをしていません。
これでいいのか­?桜井市長!議会答弁]
http://t.co/rHBWXdetv5

※「線量は大したことないのでマスクなどしなくてもいい。」という一部御用学者がいますが
少ない量でも化学物質の吸引の危険を
国立環境研究所の資料が伝えています。
http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/22/22.pdf


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-29 02:31 | Trackback | Comments(5)

化学物質は、村上周三・東京大学教授によれば、83%を肺から空気で取り込み、食品7%、飲料8%

http://inasaku.or.tv/kenkyujo/health/nouyaku_2.pdf
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-28 10:30 | Trackback | Comments(5)

•★NHK「原発事故⑬謎の放射性微粒子を追え!」放映中止! (09/23)

「謎」にしているのはNHKだということだ!
http://ameblo.jp/1tamachan/entry-11928932056.html
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-28 05:10 | Trackback | Comments(0)

出来レース?原因物質=ホットパーティクルについて全く触れない「原発事故健康管理のあり方についての専門家会議」本当の注目点は

http://www.ustream.tv/recorded/52968917?utm_campaign=JPER&utm_medium=FlashPlayer&utm_source=embed

この会の「あり方」自体が問題。

長くて内容が抽象的ですが、ここだけはポイント

会議は踊るが2時間24分~の男性の発言を聞いてください。
男性「B2判定が60%で30万調査で100人出ていることを認めるかどうか」

2巡目データの結論が揃って資料として手にわたっている可能性は少ないようで
専門家にも最重要情報が知らされていないようである。

我々が今、固唾を飲んで待っているデータは、既に集計済みである「2巡目の結果報告書」

放射能影響と断定する判断は、

①「2巡目の嚢胞結節率が1回目に比べどれくらい上昇するか」

②「嚢胞結節の大きさの変化」

③「ガンまたは疑いが2巡目に新たに何人発生するか」


***************

この大事な論点をかき消すかのように後続の女性はなんでしょうか?



大前提として、「放射線被害として健康影響があるのかどうか」

これをさておいて 「何のために健康」を管理をするのか?

「健康管理」に名を借りた「「洗脳教育」ではダメだ。

B2判定が激増しているのに 何も評価をしないところが

この会はおかしいと証明しているようなものだ。

具体的に健康管理する対策も立てられないではないか?

事実を踏まえないのは科学者でも市民でもない。

大本営広報機関。

****************
今月「評価部会」の月だが、未だ、期日が公表されていない。

放射線因果関係を一定評価しなければならない回であるが、開催できない理由があるようだ。

さて、「2巡目の結果報告書」はいつ出てくるのであろうか?




■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-23 03:03 | Trackback | Comments(29)

推理:南相馬のセシウム稲穂②官僚の意図


この稲は、おそらく手刈りされた物です。
目星を付け検を採集し 並べて固定してカラー写真を撮って
X線写真をとった写真を重ねたものです。同時には撮影出来ません。
合成写真です

天日干し=ハセガケのため、機械=コンバインを使わず、干された物の一部です。

明らかに原因物質に目星を付け、採集して、固定して、普通写真で撮影もし、IP撮影もしていた訳ですから、
目視で、汚染原因が分かっていたのです。
また、現在、保存もしているでしょう。

肉眼で見れば分かるのでしょう。

7月17日の南相馬農協での説明会には傍聴席になぜか児玉教授も来ていましたが、

その中で環境省は「分離(単離)してスプリング8(粒子の成分分析)にかける。単離できるかどうかわからない。」
などと、的外れなことを言っていました。2ヶ月たっても何の報道もありません。

単離などせず、付着している物体を観察すれば野鳥の糞かどうかすぐにわかります。

採取した農水省は見て選んでいるわけです。

見れば簡単にわかる物を
小児甲状腺ガン摘出手術後の保管も、証拠永久保管(隠蔽)で同じ手法。

全国版1めん記事の朝日新聞の関与度は?

真犯人(原因)が湿ってくっつきやすい大きめの(写真12番)20㌔以上離れた
3号機から、野を越え、
山を越え、平行移動してきたのでしょうか?

台風でドロ水に浸かった状態っではないのはあきらかです。

野鳥のフンは㌔あたり数千~ッ数万ベクレルあります。

************

こんなに危険な物が空から降ってくる人々の日常生活を、気づかせるより、
この際、東電に由来に?

そして、原因も調べずお蔵入り?

そうはさせません。



大山


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-21 07:26 | Trackback | Comments(2)

甲状腺がん、疑い含め104人 福島の子供30万人調査:現在、南相馬の嚢胞率60%、川内村では70%に27%も大幅上昇!

http://www.asahi.com/articles/ASG8R6SN3G8RULBJ00B.html
現在、26年度は約半分の結果確定だが、
ほとんどの市町村で「嚢胞率」が10%~20%上昇。




■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-20 07:21 | Trackback | Comments(1)

「何が起こっているか事実を確認し対応する」このことができない行政は失格!「原因物質を知りたくない作為」は犯罪!

https://www.youtube.com/watch?v=KSvfro1Hwco
答えはこれでした。一粒に全部がはいってること


http://nucleus.asablo.jp/blog/2014/08/10/7410771
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014080800956




南相馬市H269月議会① http://youtu.be/RSfQznmhbw8

南相馬市H269月議会② http://youtu.be/hvGw-Wjy2rQ

南相馬市H269月議会③ http://youtu.be/ZXGyQo1gu3Y

南相馬市H269月議会④ http://youtu.be/sV-unXU-sKA


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-09-20 07:07 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >