反「原発」・反「地球温暖化説」反「市場原理主義」反「官僚支配」:チルドレンファースト・循環型社会・命最優先!【無断複写禁止】」 著作権料を請求します。自己責任でコメント自由・実名かURL必須。
by mak_55
↓ 放射線と藍藻マップ↓

===========
(C) 2010~2014 mak55 All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・図・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
最新の記事
XML | ATOM

skin by excite

消費税で法人税減税を賄い、株主(外資)に国富を譲り、買弁官僚が天下り先を貰う植民地

消費税で法人税減税を賄い、株主(外資)に国富を譲る買弁官僚が天下り先を貰う構図。

■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-10 00:02 | Trackback | Comments(3)

マスコミに騙されている皆さん!放射能公害や温暖化詐欺は序の口です。日本の行く末⇒経済奴隷先進事例!

http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_adwords.php
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-09 23:21 | Trackback | Comments(5)

「不作為の作為」=法の空白で行われる官製談合・原発推進と行政の確信犯罪=罰する法律を作らない罪

http://snet21.jp/boushihou/gshiryou1.pdf
通常の刑事事件では、数人を死亡させたら重大事件ですが、放射性物質をばらまいて、何千人、何万人を癌に罹患(りかん)させたり死亡させても、
誰が放射能被曝で罹患したのか、死亡したのかわからないのです。
他の原因による発病と区別できず、白血病が何パーセント増加したとか、推定死亡者何万人、などという把握しかできません。
このため、被害の重大性はとてつもない規模でありながら、刑事責任に問われないことになってしまいます。
完全犯罪と表現する人もいます
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-07 23:25 | Trackback | Comments(1)

現在、史上最悪、前代未聞の「官製公害事件」が起きている!

現在、史上最悪、前代未聞の「公害事件」が起きている!
阿武隈山地を勝手に年20㍉Svの放射線量で囲い、
無断使用の完全開放型・最終処分場にし、
その中と周辺で国民を無防備で住まわせる放射能実験。


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-07 23:22 | Trackback | Comments(0)

史上最悪の官製公害事件=「放射能最終処分場はむき出しで頭の上に置かれている現実」

現在、史上最悪の「公害事件」が起きている。
納得いかないノコギリ状の20㌔線内外で 5千万円の賠償格差を作り、
年20㍉Svで 阿武隈山地を無断使用の完全開放型・永久最終処分場と目論んでいる---------。

 人権と汚染を無視し、我々を放射能モルモットにした 
原発推進の為のアリバイ作りが行われている。

            『汚染山林を論じない者はニセモノである』
 昨年7月、市長は東電と国に対し
「市内全域の除染完了で安心して暮らせる迄の全市民への精神的慰謝料と
 財物賠償」を要求した。 これは翻って「市民への公約」である。

「世界に復興を訴える市長」宅はギリギリ20㌔圏内で放射線量は低く、
学校や病院、商業施設、公的インフラは元より殆ど圏外だが、
財物は6分の5、そして今後3年の避難補償があると聞く。
 
 通り一辺の除染後、高線量が残り、
今後、子育てや健康不安のある山際の住民にとって、
大変、恵まれた補償賠償と羨ましい環境である。

              『山林除染無くして 南相馬の未来なし!』

 除染後の山際地域は、
原発の「放射線管理区域」「労災認定基準」並の線量で、
到底、安心して暮らせず、人口流出・地域衰退は明らかであり、

「除染しない山林」はやがて市内全域に必ず影響をもたらす。

 産廃処分場反対から首長になった桜井市長ならば当然、
今回の「理不尽な最終処分場反対の原告」として「裁判」に訴え 
絶えず木の葉や花弁や花粉、きのこ等の胞子や凡ゆる放射性の埃を放出する

「広大なむき出しの最終処分場」を 

能力のない東電に変わり、国に撤去を「代執行」させるべきである。

              ***
南相馬市長の不思議


放射能を語らず、調べず、考えない。
なのになぜ「ダツゲンパツ」?

「命を守るのは政治家」

何から命を守るのか?

「年20㍉、5年で100㍉」を受け入れてしまった。」

ならば「除染」も必要ないのではないか?

http://www.youtube.com/watch?v=X5rkGNmgpfg&feature=youtu.be


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-06 02:56 | Trackback | Comments(0)

南相馬市は年20㍉、5年で100ミリを受け入れた。脱原発市長の現実。

4分30秒~
http://www.youtube.com/watch?v=r7BuY5_1fuQ&list=UUhgidb25p5Gfk_fSfbJ0LKw

脱原発市長
http://www.youtube.com/watch?v=X5rkGNmgpfg&feature=youtu.be


被災現場フクシマでは「避難解除」が相次ぎ、
そのせめぎあいに奔走しています。

脱原発を訴え、都知事選で「命を守る」といった市長が
年20㍉、
5年で100ミリを受け入れてしまいました。

解除されて帰還せざるを得ない家族の苦しみがあります。

これまでせっかく、慣れない土地でいじめを克服しながら
これまで被爆を低減していたのに、確実に年数ミリのところに帰ってきて
「被爆しても大丈夫だ と霞ヶ関の誰かが言っている。」というのです。
被爆責任を誰が取るのか?

市は国と対等に競技できるのですが、その市が受け入れたということは
市民の健康被害に対し市長が責任を取らねばなりません。

答弁は県から来ている健康福祉部長。
当然、県の意向や国の意向も
勘案し、市の見解を述べている。

          ***

発災当初の初期被爆で 我々は相当量の放射性要素を吸引しています。

そのことを一切言わず、「現在の内部被曝は無い。」等と
ホールボディーカウンターの検出限界を考えれば断定できないのに
安全ばかり広報しています。

1年20ミリ→10年で200ミリ。
子供が成長するまで市長が責任を取るのでしょうか?

原発推進政府の本当の思惑は 
除染しない山林=「むき出しの最終処分場」を
黙って住民の頭の上に置くという「史上最悪の公害事件」でもあるのです。

本物の「脱原発」であれば気づくはず。
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-04-03 12:38 | Trackback | Comments(4)

放射能災害の賠償格差問題


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-03-30 22:13 | Trackback | Comments(2)

大山こういちのチェルノブイリ報告1


■  [PR]
# by mak_55 | 2014-03-30 22:05 | Trackback | Comments(0)

大津波を2次被害の東電に教えて1次被害の沿岸住民に教えなかった文科省に抗議しないのか?!

http://www.youtube.com/watch?v=dD4eHkGwPx0

脱原発市長
http://www.youtube.com/watch?v=X5rkGNmgpfg&feature=youtu.be

反原発議員
http://www.youtube.com/watch?v=PYlOWgmJf98
■  [PR]
# by mak_55 | 2014-03-29 08:52 | Trackback | Comments(8)

私の手元に届いた匿名怪文書

匿名はルール違反!

言論封殺には断固として立ち向かう!

http://takedanet.com/2014/03/post_b891.html

市長室隣の秘書課広報公聴係長から
「メールが届きました。フランスFR3放送に出ている大山市議について」
というタイトルで
議会事務局長に上がってきた匿名怪文書

内容は
『大山が自宅の放射線量を計らせた。
番組がけしからん。
市議が市の動向と真逆の活動をしたければ辞職して自由にやってもらいたい。
市民が納める税金でこのような活動をすることは許されないと思う。』


武田先生の言う「自分が正義だ。」

本当の問題は
このような匿名文書を扱う 市役所の体質。


係長の一存か?

本来なら、「匿名は取り合わない。」はず。

「匿名者」の手先にはなってはならない。
判断力を持て!


議会は言論の府

論理を尽して答を導く。
不当な圧力は断固として阻止する。

言論の自由は憲法で認められた
「民主主義」の原点。

自由には責任が伴う
名を明かし、意見すべし。







■  [PR]
# by mak_55 | 2014-03-29 08:16 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >